レーシックのリスク

トップページ レーシックの医療費控除

レーシックの医療費控除

レーシックの医療費控除

 

レーシックは、視力回復のための手術です。
レーシック手術を受けることによって、低下している視力が向上し、
裸眼でも見えるようになります。
有名タレントやスポーツ選手などもこぞってレーシック手術を受けています。
そして、安全性も高い手術でもあることから、
一般の人も、レーシックを考える人が増えているのですが、
レーシックは全て自己負担となります。
健康保険が使えませんから15万円以上の費用がかかります。

 

この費用の問題で、レーシックを躊躇してしまっている人も多いかもしれません。
ですが、コンタクトレンズやめがねの維持費もかなりかかりますよね。
長い目で見ると、レーシックに費用がかかったとしても、
レーシックを受けたほうが、安く済むということもあるのですね。

 

また、レーシック手術は、医療保険の給付金の対象となることもありますし、
医療費控除も受けることができます。
レーシック手術を受けたら、かならず医療費控除を受けるための手続きをしましょう。

 

医療費控除の申請には、「医療費明細書」、「医療費の領収書」、「医療費控除の申告書」
「医療費控除申請年の源泉徴収票」、「医療費控除申請年の医療費領収書」、
「医療費控除申請年の医療にかかる交通のメモ」が必要です。
医療費控除を申請すると、税金が還付されます。

 

詳細は、国税庁のホームページを参考にしましょう。
申請は難しくありませんから、必ず申請し、もらえるものは全て貰ってしまいましょう!