レーシックのリスク

トップページ レーシックのデメリットとは

レーシックのデメリットとは

レーシックのデメリットとは

 

レーシック手術をすることによって、裸眼視力を手に入れることができます。
めがねやコンタクトレンズでの矯正には、不自由も多くあります。
レーシックなら、裸眼できれいに見えようになるのですから、
画期的で魅力的に感じる人も多いでしょう。

 

ですが、どのようなものにもメリットがあればデメリットもあります。

 

レーシック手術を受けることに対するデメリットとしては、
「費用が高い」、「再手術の可能性がある」、「合併症を起こすことがある」、「安全性が心配」などがあります。

 

レーシック手術は、レーシックという技術が登場した頃よりもだいぶ安くなっていますが、
それでも10〜20万円、もしくはそれ以上の費用がかかります。
ただ、コンタクトレンズやめがねにも費用がかかるので、
長い目で見るとレーシックで裸眼視力を手に入れたほうがお得かもしれません。

 

稀に、レーシックを受けても視力が元にもどってしまうことがあります。
元に戻ってしまった場合は再手術が必要になります。
費用がかさむ事もありますし、眼にも負担がかかります。
費用に関しては、再手術の場合は補償するクリニックもあります。

 

レーシック手術の合併症として、不正乱視やドライアイなどがあります。
時間がたつと改善する場合が殆どですが、改善されるまで辛い症状が続くかもしれません。

 

レーシックは安全性が高いと言われ、レーシックによって失明したというような事故は起きていません。
ですが、歴史が浅い事もアリ、長い目で見て安全なのか不明です。
理論上では安全性であるといわれていますが、
何十年以上、快適な裸眼生活を送ることができると確定されているわけではないのです。