レーシックのリスク

トップページ レーシックの歴史について

レーシックの歴史について

レーシックの歴史について

 

レーシックは、実はまだまだ歴史の浅い手術です。
近頃は、有名なタレントさんやスポーツ選手などがレーシックを受けたと聞くようになりましたし、
一般の人でも、レーシックを受ける人が多くなっています。

 

レーシックが始まったのは1970年代からです。
レーシック手術が始まった当初は、角膜に直接メスを入れていたのですが、
手術の方法などが確立されていなかったため、あまりよい結果を得られることがありませんでした。

 

ですが、1985年以降からは、手術の際にレーザーを使用するようになりました。
レーザーを使用することによって、手術の質も上がり、精度の高いレーシック手術ができるようになっています。
使用するレーザーは、医療レーザーで、メスを使って直接角膜を切るよりも、
レーザーを使ったほうが断然と危険度も低く、精度が上がりました。
しかし、この段階のレーシックでは、強い痛みを伴い、傷口の治りに時間がかかるというデメリットがありました。

 

1995年になると、レーシック手術の技術は一段とアップします。
この頃のレーシックから、まず、先にフラップを作ってレーザーを照射し、
再びフラップで蓋をするというレーシック術法に変わりました。
この術法によって、より安全に手術ができるようになり、
アメリカでは、エキシマレーザーの使用許可がされ、
さらにレーシックの技術が進歩し、今日に至ります。

 

2000年には、アメリカを中心にレーシック手術を受ける人が増えました。
アメリカでは10人に1人の割合で、レーシック手術が行われているそうです。