レーシックのリスク

トップページ レーシックの訴訟問題

レーシックの訴訟問題

レーシックの訴訟問題

 

レーシック手術は、裸眼視力が回復するとても魅力ある眼の手術です。
メガネやコンタクトレンズなど視力矯正器具を使わなくても、
しっかり見える目になりたい!という人は多いですね。
レーシックや芸能人やスポーツ選手など、知名度のある人が受けていますし、
両目でも15分間くらいで終了するスピーディーな手術です。
とても魅力的な手術ですし、レーシック手術を受ける人は増えていて、
今までにレーシックで失明した患者さんはいないのですが、過酷に訴訟問題になったこともあります。

 

レーシックで訴訟問題となった例では、医師の説明不足によって術後合併症がおきたという事例、
レーシック手術で失敗し不正乱視が起きたという事例などがあります。

 

手術を行う前は、どのような手術であっても、担当医師から事前に十分な説明がされなければなりません。
医師には、患者さんに十分な説明をする義務があります。
ですが、この事例の場合は、患者さんに、レーシックの後遺症に関すること、
合併症に関することなどを一切説明しておらず、
患者さんは術後の合併症で視力が前よりも低下してしまいました。
事前に十分な説明があれば、患者さんはレーシック手術を受けることがなかったかもしれず、
レーシック手術を受けたことで視力が低下したので、病院側の敗訴となっています。

 

レーシック手術の失敗としては、現在は機会が大きく進歩し、
より効率的で安全性の高いものとなっているので今はあまりみられませんが、
レーシックで失敗し、不正乱視になる可能性もあります。
この訴訟では、フラップがうまく作られず、患者さんは不正乱視になってしまったので、
病院側の技術不足が認められ、患者さん側の勝訴となっています。